Author Archives: appinventor_upd0yz

Help App Inventor launch on iOS!

Published by:

Demand for the iOS version of MIT App Inventor is high, as it is currently only available for the Android platform. Help us meet the needs of iOS users by supporting us as we develop App Inventor for iOS!

The goal of the MIT App Inventor team is to empower young people to develop apps worth making: digital solutions to problems they face in their everyday lives and around the world. MIT App­­ Inventor teaches coding and mobile app development, but, more importantly, it enables anyone—even kids or people who may not think of themselves as coders—to develop mobile apps with real-world impact.

 

What is App Inventor?

MIT App Inventor is a Web-based smartphone development platform. The graphical drag-and-drop blocks interface demystifies coding and makes the design and development process easy enough for novice users to create and publish simple apps in under an hour.

 

With 6.8M users and over 24M built apps, there are many stories of MIT App Inventor impact and empowerment around the world. Here are two examples:

  • Apa Pura: Romanian for “pure water,” Apa Pura was developed by young women in Stefanesti, Moldova during a 2014 outbreak of hepatitis A. The app uses crowdsourcing technology to identify sources of drinkable water, tracking and mapping contamination such as E. coli, hepatitis, and heavy metals in wells around the city.
  • Women Fight Back: In Mumbai, India, the young women of the Dharavi Diary program have developed multiple apps to help their community. One app, Women Fight Back, arms women with a distress signal and preset emergency contacts to help combat violence against women.

 

Why Support Us

MIT App Inventor empowers communities, especially those that are marginalized and under-resourced, to create unique solutions to the problems they face on a regular basis. By equipping individuals, especially young people, with programming knowledge, MIT App Inventor offers communities a way to create singularly effective solutions to significant ongoing problems. MIT App Inventor also builds confidence in young people as they learn to code, creating a pipeline of STEM talent and opportunity for the future.

 

Perks

MIT App Inventor is offering a variety of perks to express our gratitude for your support. From a special app to help save the bees to an App Inventor mug for your coffee to a kit to build your own Bee Bot (mock-up at left), there’s something for everyone at every level!

 

 

Make coding and mobile app development more accessible than ever by helping MIT App Inventor expand to iOS! 

https://crowdfund.mit.edu/project/8152

みんなの力でApp InventorをiOS進出へ!

Published by:

今のところ、Androidプラットフォームでのみ利用可能ですが、iOSバージョンのMIT App Inventorのニーズはとても高いです。

iOSユーザーのニーズを満たすため、App Inventor for iOS開発のサポートをいただけないでしょうか?

今すぐApp Inventor for iOSのパトロンになる

YouTube 影片

MIT App Inventorチームの目標は、若者に価値のあるアプリケーションを開発できるようにすることです。日々の生活や世界中で直面する問題に対するデジタルな解決方法を作り出すことです。

MIT App Inventorは、コーディングとモバイルアプリの開発を教えていますが、もっと大切なことは、コーディングすることを考えていなかったような人たちでさえも、実際に世界にインパクトを与えるモバイルアプリを開発するということです。

App Inventorとは?

 MIT App Inventorはウェブベースのスマートフォン開発プラットフォームです。 グラフィカルドラッグ&ドロップブロックのおかげで、直感的なインターフェイスなので、コード自体を簡単にし、アプリの設計と開発プロセスを手間なく楽にします。初心者のユーザーでも、1時間以内に簡単なアプリケーションを作成して公開できます。

680万人以上のユーザーたちが作成したアプリケーションは、249万以上にものぼります。MIT App Inventorがユーザーをエンパワーメントし、世界中に影響を与えた例がたくさんあります。 ここに2つの事例を紹介します:

  • アパ・プラ(Apa Pura): ルーマニア語で「純粋な水」の意味である。「アパ・プラ」は2014年A型肝炎が発生した時、モルドバにいる若い女性たちによって開発されたアプリです。このアプリはクラウドソーシング技術を使用し、飲料水の供給源を認識できることと、大腸菌、肝炎、重金属などの病原微生物や有毒物質を含まれている井戸を追跡するとマッピングすることです。
  • ウィメン.ファイト.バック(Women Fight Back):インドのムンバイでは、Dharavi Diaryというプログラムに参加している若い女性たちが地域社会を支援するために複数のアプリを開発しました。 その中に1つの アプリは「ウィメン.ファイト.バック(Women Fight Back)」といい、女性たちの為に遭難信号と緊急連絡先を用意し、女性に対する暴力と戦うサポートをします。
 

プロジェクトを支援する理由

コミュニティ(特に、疎外されたり、リソースが不足しているコミュニティ)彼らたちが直面する問題に関して自分なりのソリューションを作成する能力を与えます。

これがMIT App Inventorの目標と願いです。

個人的には、若者にプログラミング知識を提供することにより、

MIT App Inventorはコミュニティに、重要な進行中の問題に対するユニークで効果的なソリューションを作成する方法を提供します。

さらに、若者たちはコーディングを学び、STEMの才能を高め、将来の機会へのつながりを作り出し、若者たちの自信を深めます。

iOSバージョンサがMIT App Inventorにとってなぜ重要なのですか?

教職員にとって、同じプログラミング言語セットを使用し、AndroidとiOSの主要な二つのスマートフォンプラットフォームで使えるようになると、とても便利です。

生徒は、APP Inventorの使い方を学ぶと共に、AndroidとiOSシステムの類似点と相違点を深く理解することができます。

MIT App Inventorチームは、AndroidとiOSのギャップを克服することを約束しており、あなたのサポートを楽しみにしています。

   

様々なお礼

 
さっそくApp Inventor for iOSのパトロンになる

10ドル

サンキュー!

サポーターとして公式サイトのサンキューページにお名前を掲載します。

35ドル

ビーアプリ

(Bee App)

来年の春にリリースされるiOSバージョンとともに配信される特別なビーアプリ(Bee App)をお送りします。

加えて、サンキューページにお名前を掲載します。

100ドル

デジタルポスター

App Inventorコードのオリジナルデジタルポスターとともに、ビーアプリ(Bee App)をお送りし、とサンキューページにお名前を掲載します。

250ドル

ベータテスト

iOSのバージョンのプライオリティベータテストへ招待し、サンキューペー上にお名前を掲載し、ビーアプリ(Bee App)とデジタルポスターをお送りします。(最初の100人限定。)

500ドル

サインブック

Hal AbelsonがサインしたStructure and Interpretation of Computer Programs(Hal Abelson and Gerald Jay Sussman, MIT Press, 1996)とApp Inventorのマグカップ、そして上記の特典を全てまとめてお送りします。

1500ドル

IoT教育キット

IoT教育キットとApp Inventorのマグカップを送りします。その中のチュートリアル、ソースコード、作り材料を利用して、App Inventor ビーロボット(Bee Robt)を作ることができます。 さらに、サポーターとしてお名前をサンキューページ上に掲載します。

10000ドル

開発チームとディナー

開発チームとディナー、デジタルポスター、チーム全体がサインしたStructure and Interpretation of Computer Programs、マグカップと他の上記の特典を全て送りします。(旅費は除く)

予定出荷期間:2018年4月

App Inventor募資計畫 – iOS版即將推出!

Published by:

MIT App Inventor長久以來只支援Android平台,但是iOS版很快就要推出了。有您的支持,開發過程一定會更順暢!

CAVEDU教育團隊身為MIT App Inventor的教育夥伴,誠摯邀請您一同來支持!

按我贊助MIT App Inventor

YouTube 影片

 MIT App Inventor小組的目標在於讓年輕人能完成值得一做的app:對於日常生活周遭以及世界上各種問題的數位解決方案。MIT App­­ Inventor專注於程式教學以及行動app開發,但更重要的是它讓所有人—包含孩子們以及不認為自己有辦法寫程式的人們—都能開發出能真切影響這世界的行動app。

App Inventor是什麼?

MIT App Inventor是針對智慧型手機的網路開發平台。圖形化搭配拖拉即用的積木方塊介面,解開了寫程式的神秘面紗,讓設計/開發流程變得夠簡單,讓新手居然能在一個小時之內寫好並發布一個簡單的手機app。

  MIT App Inventor擁有來自全球的680萬的使用者,打造了超過2400萬個app。對於全世界的正向影響,有很多故事可以述說,如以下:

  • Apa Pura:羅馬尼亞語的"純水",Apa Pura wg是由一位居住於羅馬尼亞摩爾多瓦(Moldova)年輕女性所開發,在2014年的A型肝炎大流行時期所完成的。這個app運用了群眾外包(crowdsourcing)技術來確認飲用水源,追蹤並定位城中各水井中是否有汙染物,例如大腸桿菌、, 肝炎帶原與重金屬等等。
  • Women Fight Back:印度孟買,Dharavi Diary計畫的一位年輕女性設計了許多app來幫助社群發展。其中一款:Women Fight Back,目的在幫助身在困境中的女性發聲並建立緊急連絡管道來對抗暴力行為。

 

支持MIT App Inventor的理由

MIT App Inventor旨在幫助社群,尤其是弱勢與缺乏資源者,得以對每日所面對的問題提出獨特創新的解決方式。讓所有人,尤其是年輕人,具備一定程度的程式設計基礎,MIT App Inventor針對諸多亟需解決的問題,提供了建立獨特又有效的解決方式的管道。MIT App Inventor也積極幫助年輕學子在學習程式設計的過程中建立信心,培訓各種STEM人材來挑戰未來的各種機遇。

MIT App Inventor對於程式教育的重要性

智慧型手機已成為現代人生活的一部分,自iPhone於2007年上市以來,我們的生活型態、資料收集以及與人群互動的方式都有非常大的改變。智慧型手機與以往的個人電腦相比,攜帶性與黏著度都更高,使用者投注其上的時間也更多,因而更有機會在Android / iOS兩大行動裝置作業系統上提出更棒的想法並實現。

為什麼支援iOS對於MIT App Inventor來說很重要?

對於教學者來說,能使用同一套程式語言完成兩大智慧型手機平台是非常方便且便利的,學生在學習過程中可以深刻體會Android與iOS系統的異同之處。MIT App Inventor團隊致力於搭起Android與iOS之間的橋樑,也期待您的支持。

   

感謝方式

$10

(幣值皆為美金)

感謝您!

列名感謝頁(也可選擇名稱與金額保密)

$35

Bee App

iOS版發布時致贈一款Bee App,列名感謝頁

$100

數位海報

特製數位海報檔、Bee app以及列名感謝頁

$250

優先beta測試

邀請您優先使用/測試 App Inventor iOS版。列名感謝頁外加數位徽章、Bee app與數位海報檔(僅限前100名)

$500

簽名書乙本

致贈Structure and Interpretation of Computer Programs實體簽名書一本(Hal Abelson and Gerald Jay Sussman, MIT Press, 1996)、App Inventor馬克杯與上述所有項目

$1500

物聯網教學套件

物聯網教學套件,可製作可愛的App Inventor蜜蜂機器人,包含教學文件、程式碼與所有材料;App Inventor馬克杯與列名感謝頁

$10000

與開發團隊共進晚餐

與開發小組共進晚餐,App Inventor全員實體簽名裱框海報一張、Structure and Interpretation of Computer Programs實體簽名書一本、馬克杯與所有上述項目(旅費要自己出啦~)

預計出貨日期:2018年四月

TinyWebDB API – IoTtest program

Published by:

TinyWebDB APIは、WordPressでTinyWebDBサービスを提供するプラグイン。

TinyWebDB API

IoT test programができたので、紹介する。

システム構成

IoTデバイスから、TinyWebDB API を通して、クラウドに温度と気圧のデータが送信、そしてLEDのOn/Offデータを受信する。

このアプリは、クラウドの温度と気圧のデータが受信、そしてLEDのOn/Offデータを送信する機能を持つ。

デザイナー画面

デザイナー画面では、LEDのOn/Offボタンと、温度と気圧のデータが表示する領域がある。

プログラムのブロック

プログラムのブロックは次のようになる。

実機画面

このアプリにより、IoTデバイスの温度、気圧のデータ表示ができ、そしてIoTデバイスに備えたLEDのOn/Offもできた。

Mobile Computing (12) 最終課題

Published by:

最終課題要件

1-4人のクループで、自分のデザインのアプリを作成する。 この課題の得点は、Mobile Computing コース成績の50%に相当する。

どんな種類のアプリでも自由にデザインすることができる。 アプリの洗練さや複雑さの面においでは、些細なではない(non-trivial )アプリである。 例えば、アプリケーションの重要な拡張が大丈夫ではあるが、コースでやったアプリのうちの1つのマイナーな調整ではない。

最小技術要件

アプリは特定の最小技術要件を満たしている必要があります。

  • データ抽象化 。 アプリには少なくとも2つの変数が必要 どちらかのリストまたはデータベースを使用する必要  
  • 手続き抽象化 。 アプリには少なくとも2つのプログラマー定義のプロシージャまたは関数を含める必要
  • アルゴリズムと制御。 少なくとも1つのif / else構造体または1つのループを含める必要 。

評価基準

課題を評価するために、次の基準が使用されます。 各基準は、0点(評価不能)から5点(良好)までの合計5点で合計20点の価値があります。

  • 目的 :アプリの目的が明確に記述されており、アプリ自体が目的を明確に果たしています。
  • 技術的要件 :アプリケーションは上記の最低限の技術要件を満たしています。
  • 機能的性能 。 アプリはダウンロードされ、テストされ、大きなパフォーマンス上の問題やバグがなければ期待どおりに機能しました。
  • スコープ :このアプリは重要なクリエイティブな成果を表しており、コースで行ったアプリのうちの1つの小さな変化や拡張ではありません。

最低限のプレゼンテーション要件

このコースでは、アプリケーションがレビューされるためには、wordpress.comで公開されているプレゼンテーションへのリンクを提供する必要があり、 以下の最小要件を満たしている必要がある。

  • タイトル。 アプリのタイトル。
  • エレベーターピッチ。 一言でアプリの基本的な目的を説明する。
  • 説明。 アプリケーションの1つのパラグラフの説明。目的と範囲を説明し、基本機能を要約しています。
  • アプリスクリーンショット。 アプリのメイン画面またはビューのスクリーンショット。
  • ブロックスクリーンショット。 アプリケーションがプロジェクトの技術的プログラミング要件を満たしていることを示すブロックのスクリーンショット。
  • QRコードとダウンロードリンク。 機能しているQRコードと、アプリのAPKファイルへの機能するHTMLリンク、およびレビュー担当者がアプリをテストする方法の簡単な説明。

サンプルプレゼンテーション

https://github.com/edu2web/PhotoBlog/blob/master/README-Jp.md

アプリのAPKファイルの公開

  1. アプリのAPKファイルを生成する
  2. Google Driveに保存して下さい。

    Google Drive:

    https://drive.google.com/

  3. ファイルアクセス権限は、「Webで一般公開」にする。
  4. 保存したファイルを右クリックして、「共有可能なリンクを取得」を選ぶ。
  5. このURLを利用してQRコードの生成する。

QRコードの生成サイト例:

https://www.cman.jp/QRcode/