About

MIT App Inventor 2 (AI2) について。こちら を参照してください。

顔認識システム

顔認識は画像中に映った人を検知し、人物の識別を行う技術です。顔認識の用途としては、監視カメラのシステムに組み込んでセキュリティ向上に役立てたり、ロボットに組み込んで家族の顔を認識させたりすることがあげられます。

顔認識システム(かおにんしきシステム、英語: Facial Recognition System)とは、監視カメラのデジタル画像から、人を自動的に識別するためのコンピュータ用アプリケーションである。ライブ画像内の顔と思われる部分を抜き出し、顔面画像データベースと照合することで識別を行う。

OpenCV顔検出

Haar特徴ベースのCascade型分類器を使った物体検出はPaul ViolaとMichael Jonesが2001年に”Rapid Object Detection using a Boosted Cascade of Simple Features”という論文で発表した効率過的物体検出手法です.この手法は機械学習を基にした手法で,大量の正例,負例の画像から分類器であるcascade関数を学習します.この分類器は学習が終わると,入力画像に対して適用されます.

dlib の顔認識ライブラリ

dlib を使った Python の顔認識ライブラリ Face Recognition を使って、顔認証を行う方法について紹介します。 顔認証は、予め保存されている個人の顔のデータと認証中の顔の画像とを照合し、その人物が誰であるかを識別する技術です。 スマートフォンのロック解除や入退室管理など、セキュリティが求められる分野で広く使われています。

ESP32-CAM

ESP32-CAMとは中国のAi-Thinker社が開発した、ESP32とカメラモジュールを搭載したボードです。

サンプルスケッチは、CameraWebServerスケッチESPO32-CAMをフル機能のオンラインカメラに変え、顔検出機能と豊富なコントロールを完備しています。これは、ESP32-CAM機能の非常に印象的なデモです。